活動予定

平成30年秋季研修会「健都レールサイド公園」

 今年も秋季研修会を開催することになりました。研修先は吹田市の「健都レールサイド公園」です。
吹田市は、JR吹田操車場跡地を新たな都市拠点とすべく、国立循環器病研究センターや市立吹田市民病院の移転をはじめ、医療機関と医療関連企業などが集積した国際級の複合医療産業拠点(医療クラスター)の形成を目指し、「健康・医療のまちづくり」を進めています。
 「健都レールサイド公園」は、この「北大阪健康医療都市(健都)」に整備された公園で、「健康・医療」をキーワードに、多世代が集い、交流できる場として、健康への「気づき」「楽しみ」「学び」をコンセプトに作られています。公園内の「健康増進広場」には、国立循環器病研究センター及び市立吹田市民病院の協力・監修のもと、27基の健康遊具や4つのウォーキングコースが整備されています。
 今回は吹田市の方からお話を伺った後に、現地を見学します。ぜひご参加ください。

 

■開催概要

日時: 平成30年11月27日(火) 13:30~16:30
場所: 吹田市 岸辺市民センター1階 研修室(1)&(2)
〒564-0011 吹田市岸部南1丁目4番8号 TEL 06-6317-1293
定員: 25名程度
スケジュール: 13:30 開会
13:35 講演「吹田市の健都整備と健都レールサイド公園について」
    吹田市 健康医療部 北大阪健康医療都市推進室 主査 黒木 隆介氏
15:00 現地見学 健都レールサイド公園
16:30 終了
(17:00~懇親会を予定しています。)
参加費: 1,000円/人(公園管理運営士会会員は無料)
主催: 公園管理運営士会西日本支部

※申し込み締め切りは、2018年11月25日(日)です。

banner_out

万博勉強会の報告会を開催

ランドスケープから
“2025大阪・関西万博”への提案
・・・いのち輝く未来社会の実験島


 いよいよ11月23日(金・祝)、2025年の万博開催地が決まります。
その前に、造園、ランドスケープの立場から、万博の会場整備への提言をまとめましたので、報告会を開催します。ぜひご参加ください。


■開催概要

日時: 2018年11月9日(金)13:30~16:30
場所: 大阪市歴史博物館 講堂(4階)
〒540-0008 大阪市中央区大手前4丁目1-32
TEL 06-6946-5728
次第: 13:30 開会(挨拶 吉田 昌弘 国際造園研究センター理事長)
13:35 経過説明(大槻 憲章 国際造園研究センター理事)
13:45 第1部 2025大阪・関西万博への提案
    ① コンセプトについて(大阪府 堤 公平氏)
    ② 会場計画について(CLA関西 西辻 俊明氏)
    ③ 快適な会場づくりについて(国際造園研究センター 笠松 滋久氏)
15:50 第2部 パネルディスカッション
    パネラー     宮﨑 政雄氏(大阪府)
             西辻 俊明氏(CLA)
             笠松 滋久氏(国際造園研究センター)
    コメンテーター  今西 純一氏(大阪府立大学)
             松田 麻里氏(CLA)   
    コーディネーター 糸谷 正俊氏(公園管理運営士会)   
16:30 閉会
主催: 2025大阪・関西万博ランドスケープ研究会、(代表)特定非営利活動法人 国際造園研究センター、大阪府都市整備部討論式研修『No Green No Life』班、一般社団法人CLA関西支部、一般社団法人公園管理運営士会西日本支部、阪神造園建設業協同組合
協力: (公財)国際花と緑の博覧会記念協会


チラシはこちらからご覧ください。
万博勉強会の報告会 ランドスケープから “2025大阪・関西万博”への提案 ・・・いのち輝く未来社会の実験島(PDF)


※申し込み締め切りを、2018年11月8日(木)までにしました。ぜひご参加ください。

banner_out

平成30年度ランドスケープ施設見学会「~自然との共生をめざす食育施設を訪ねる~」のご案内

 平成30年度のランドスケープ施設見学会は、滋賀県で菓子舗「たねや」グループが設置運営する、自然との共生をコンセプトにした食をテーマとする食育パーク「ラ コリーナ 近江八幡」を訪ねます。
 ラ コリーナとはイタリア語で丘を意味します。八幡山から連なる丘に、緑深い森を目指して樹を植え、ホタル舞う小川を作り、生き物たちが元気に生きづく田畑を耕し、そんな環境の中で和・洋菓子やパンを作り、ショップやカフェを営み、農芸事業を展開しながら、ゆったりとした自然の流れに寄り添う食育テーマパークです。
 秋のひと時を 見る・学ぶ・食べる・買う ことを楽しみながら過ごしてみませんか。ぜひご参加ください。よろしくお願いいたします。




チラシはこちらからご覧ください。
平成30年度ランドスケープ施設見学会「~自然との共生をめざす食育施設を訪ねる~」


■開催概要

日  時: 平成30年11月9日(金) 12:30~15:00
見 学 地: ラ コリーナ 近江八幡
滋賀県近江八幡市 TEL 0748-33-6666
集  合: 場所 JR 近江八幡駅 北口 タクシー乗場
時間 12:30
参 加 費: 造園修景協会正会員&NPO KALALA会員 1,000円
造園修景協会賛助会員1名のみ 無料(2人目からは2,000円)
一般 2,000円              
(当日徴収)
定  員: 15名
行  程: 12:40 近江八幡駅前発
12:50 ラ コリーナ近江八幡
13:30~14:20 ガイド付き施設案内・見学
14:30 解散
※解散後は各自で自由見学・買物を楽しんでください。
<参考:ラコリーナ前発 近江八幡駅行バス時刻表>
14時32分
15時2分、32分、54分
16時4分
17時4分、42分
18時12分
(料金は360円。近江鉄道バスはICOCAもPiTaPaも使えません。)
問合せ先: (特非)おおさか緑と樹木の診断協会 info※osakatree.jp(※を@に変えてください。)
申込方法: 11月5日までにFAXかEメールでお申し込み下さい。
FAX番号 06-6311-3143 (チラシの申込用紙をお使い下さい。)
Eメール hanshin※ca.mbn.or.jp(※を@に変えてください。)
問合せ先: 一般財団法人 日本造園修景協会阪奈和支部事務局
TEL 06-6312-4553
共  催: 一般財団法人 日本造園修景協会阪奈和支部・特定非営利活動法人 関西修景作家連合
第8回街路樹研修会「都市公園等における樹木の日常点検講習会」のご案内

 昨年9月、国土交通省より「都市公園の樹木の点検・診断に関する指針(案)」が策定されました。
都市公園における樹木の点検・診断の基本的な考え方及び点検・診断を実施する際に配慮すべき基本的な事項について取りまとめたものです。
 今回の研修会では、その指針が出された経緯や意図、指針の内容、そして実践例について紹介いたします。
日頃、公園管理に関わる行政担当者や指定管理者、造園業者の皆様、ぜひご参加ください。よろしくお願いいたします。


チラシはこちらからご覧ください。
第8回街路樹研修会「都市公園等における樹木の日常点検講習会」


■開催概要

日  時: 平成30年10月18日(木)13:30~16:45
(受付13:00~)(交流会17:00~19:00)
場  所: 大阪歴史博物館 4階 講堂
〒540-0008 大阪市中央区大手前4丁目1-32
TEL 06-6946-5728
募集人員: 250名
※事前申込は不要です。当日会場にて参加者名簿にご記入ください。
参 加 費: 資料代2000円
※主催・協力団体所属会員・学生は無料
次  第: 13:00~     受付
13:30~16:45
<樹木のハザードについて>

 ◯落枝・倒木・根返り事例と原因
 ◯都市公園の樹木の点検・診断に関する指針(案)の解説
 講師 飯塚 康雄氏
 (国土交通省 国土技術総合政策研究所)

<都市公園等の樹木点検・診断の実践事例>
 講師 小林 明氏
 (元東京都建設局他及び東京都公園協会職員、現オフィス景樹代表、樹木医、技術士(都市及び地方計画))

17:00~19:00 交流会
 講師の先生方を交え、交流会を行います。
 場所 1階スターアイル
 ※当日、会場受付にて案内させていただきます。

問合せ先: (特非)おおさか緑と樹木の診断協会 info※osakatree.jp(※を@に変えてください)
主  催: (特非)おおさか緑と樹木の診断協会、(一社)街路樹診断協会、( 一社)日本樹木医会大阪府支部
協  力: 大阪都市公園協議会、(一社)日本樹木医会近畿地区協議会、(一社)日本樹木医会
後  援: (一財)日本緑化センター、(公社)日本造園学会関西支部、(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会関西支部、(一社)公園管理運営士会西日本支部、(一財)大阪府公園協会、(一財)大阪スポーツみどり財団、阪神造園建設業協同組合
2025年大阪万博に関する勉強会の報告をアップしました。

平成30年7月26日(木)に開催した2025年大阪万博に関する勉強会の報告をアップしましたのでご覧ください。
報告はこちらからご覧ください。
支部会員の方は当日の配布資料もご覧いただけます。会員専用ページの分会活動にアップしています。
こちらからご覧ください。

ページトップ