活動予定

令和2年度ランドスケープ施設見学会
「~淀川右岸の古代歴史公園の整備と運営事例を学ぶ~」

 新型コロナ禍の世の中で何かと煩わしい秋となり、皆様も例年と違う生活をお過ごしのことと思います。そんな状況ではありますが、令和2年度のランドスケープ施設見学会を粛々と開催いたします。行先は近場で、高槻市にある今城塚古墳公園と安満遺跡公園です。
 6世紀初頭に応神系の河内王朝が途絶え、越前出身の継体天皇がヤマト政権を引き継ぎ今に続く天皇家の祖となりましたが、その継体天皇の陵墓が今城塚古墳です。高槻市が1997年から発掘調査を行い、7ヶ年に渡る復元整備事業を経て2011年4月に、日本初となるであろう埴輪祭祀場を発掘調査位置にレプリカにて復元し、また復元埴輪等を展示する今城塚古代歴史館と史跡今城塚古墳を一体的に整備して公開しました。
 安満遺跡は、京大農場跡地一帯に広がる弥生時代の大環濠集落跡です。約2,500年前、稲作技術をたずさえた開拓者たちが淀川流域の葦辺で近畿地方でもいち早く米作りを始め、先住の縄文人たちと共生し、淀川を通じて広範な地域と活発に交流し、ほぼ800年間に渡って栄えていました。中心部の約13haの国史跡を含む公園面積は21.8haで、その内4.1haが2019年3月に一次開園しました。西武造園㈱を代表とする安満遺跡公園パートナーズが指定管理者になって、遺跡概念にこだわらないユニークな運営を展開しています。

ぜひご参加ください。よろしくお願いいたします。


チラシはこちらからご覧ください。
令和2年度ランドスケープ施設見学会「~淀川右岸の古代歴史公園の整備と運営事例を学ぶ~」


■開催概要

日  時: 令和2年10月24日(土)11:10~15:50
見 学 地: 高槻市:今城塚古墳公園・安満遺跡公園
大阪府高槻市八丁畷町12番3号 TEL 072-648-4725
集  合: 場所 JR高槻駅 改札口出て左側 みどりの窓口前
時間 11:10
参 加 費: 500円
造園修景協会賛助会員1名のみ 無料(2人目からは500円)
行  程: 11:19     JR高槻駅前発
(高槻市営バス移動)
11:45~12:15 今城塚古代歴史館見学
12:20~13:00 今城塚古墳公園見学
(高槻市営バス移動)
13:19     JR高槻駅
         昼食:各自
14:10     高槻駅みどりの窓口前 再集合
(徒歩移動)
14:25~15:35 安満遺跡公園見学
(徒歩移動)
15:50     阪急高槻市駅またはJR高槻駅 解散
※バス代は1回220円です。高槻市営バスはICOCAもPiTaPaも使えます。
申込方法: 10月20日(火)までにFAXかEメールでお申し込み下さい。
FAX番号 06-6311-3143 (チラシの申込用紙をお使い下さい。)
Eメール hanshin※ca.mbn.or.jp(※を@に変えてください。)
問合せ先: 一般財団法人 日本造園修景協会阪奈和支部事務局(担当:森下)
TEL 06-6312-4553
共  催: 一般財団法人 日本造園修景協会阪奈和支部・特定非営利活動法人 国際造園研究センター
New Normal Park Life ポスター

 新型コロナウィルス感染症が拡大して以来、感染防止に取り組むために、私たちの生活と活動形態は大きな変革を余儀なくされてきました。
 その一つが公園の利用です。自粛生活による不活動が引き起こす身体的、精神的両面の様々な身体の不具合に対する自衛策として、公園緑地に出かけて身体を動かすとともに、花やみどりで精神的にリフレッシュする人が増えています。
 しかし、公園の利用にも新たな留意点が必要となりました。全国都市公園整備促進協議会により、コロナの時代の公園利用を提起した「New Normal Park Life ポスター」が制作されましたのでご紹介します。


newnormalparklife-1_1
newnormalparklife-1_2


PDFはこちらからダウンロードできます。

西日本支部のホームページの充実のための会員による情報や意見の掲載について

公園管理運営士会西日本支部会員の皆様へ

 

西日本支部のホームページの充実のための会員による情報や意見の掲載について

 

 会員の皆様におかれましては、ますますご健勝でご活躍のことと存じます。
平素は公園管理運営士会西日本支部の活動にご理解とご協力をいただきましてありがとうございます。
 
 沈静化したかと思われた新型コロナウイルス感染症が再び広がる気配を見せています。今後の第二波、第三波の襲来も懸念されるところです。その時に公園管理はどうあるべきなのか、公園管理者はどう対応すべきなのか、いろいろと難しい課題があります。
 西日本支部におきましては三月から四月にかけて3回の会員アンケートを実施し、多くの会員の方から回答をいただきました。その報告もさせていただいておりますが、今後に備えて会員各位のお考えをお聞かせいただければ、支部のホームページで掲載していきたいと考えています。
 
 現在の私たちにとって重要なテーマの一つは、
「with コロナ時代の公園管理(新型コロナウイルスのある社会の公園管理)」
ではないかと思います。
 
 その第一弾として兵庫県の源田様の報告をアップさせていただきました。3月から4月の花見の時期に管理にご苦労された様子が伝わってきます。ぜひご一読ください。
 
兵庫県立明石公園における新型コロナウイルス感染予防対策について
※閲覧にはログインパスが必要です。会員の方にはログインパスをお送りしています。
 
 また、会員の皆様の中には、今回の経験から、いろいろとお考えの方もあり、他の会員にも披露したいという方がいらっしゃると思います。ご投稿をいただきましたら、支部のHPやQPA通信等に掲載していきたいと考えています。
 字数やボリュームは問いません。写真やグラフなどもかまいません。論文ではないので、気軽にご投稿ください。
 非常事態宣言時に対応した日報や写真等の記録を使っての紹介も、リアルな現場の状況が伝わりますし、自粛期間中の職員配置や態勢も今後の参考になると思います。常時の些細な対応が今後のマニュアルの基になることもあります。
  
 お忙しいとは思いますが、多くの方のご意見、ご報告をお待ちしています。
 
公園管理運営士会西日本支部 事務局 大槻憲章

大阪市から花博開催30周年記念事業にかかるプロポのお知らせ

大阪市で、花博開催30周年記念事業にかかる2件の業務委託の公募型企画競争(プロポーザル方式)が実施されます。
興味のある方は一度ご確認ください。


【案件1】花博開催30周年記念イベント企画運営業務委託
業務概要:イベントの企画運営、広報業務等
契約期間:契約締結日から令和3年1月29日(金曜日)まで


【案件2】新たな公園活用に向けたニーズ調査等業務委託
業務概要:イベント開催に合わせた公園の活用に関する市民ニーズ調査等
契約期間:契約締結日から令和3年3月31日(水曜日)まで


詳しくは、大阪市HPをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート結果について

 わが国において新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻な状況になり、拡散防止のため全国的に自粛ムードが高まり、多くの教育施設が休校となっています。さらに、各種イベントの中止や美術館等での展示会など人の集まる場所の閉鎖も当たり前のようになっています。
 このような状態の中で、子どもたちを中心に、運動不足や高ストレス等への対策の必要性が高まっています。
屋外空間である公園の果たす役割を考え直す機会とするため、大まかにでも現下の情勢下における公園の現状を知りたいと考え、公園の現場に関係されている会員の方にアンケートを実施しました。
 アンケート結果を簡単にまとめましたので、お知らせいたします。
 ご協力いただきました皆さまに、厚くお礼申し上げるとともに、参考にしていただければ幸いです。


新型コロナウイルス感染症に関する緊急アンケート結果まとめ 全国版(PDF)


 アンケート結果詳細については、会員専用ページに掲載しています。
会員専用ページ

ページトップ